2013年09月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
« MKホームベーカリーの使用感 | メイン | 食パン02 フランスパン(P23) »

2011年11月24日

食パン01 基本の食パン(P15)をトーストで

前日に焼いたメーカーのレシピどおりの基本の食パンを、トーストにしていただきました。

朝ご飯はパン派な我が家だからこそ、MKのホームベーカリーを買ったわけです。
朝ご飯がおいしく感じられてこそ、意味があるというものです!

カットされている市販の食パンを買うときは、4 or 5枚切りが多い我が家。
パン屋さんで3斤ブレッドを買ったときは、分厚く切って半分にして食べます。

ということで、今回も厚めの半分カットで♪
 


20111124_02.jpg
 
あ、右側の穴は、羽根の穴です。
ホームベーカリーの証ですw

 
“焼き立て”という超強力なブランドにやられまくった昨日とは違い、冷静に味わうことができます(笑)。

おいしいことにはおいしいです。
でもパン屋さんの食パンには劣るかなと感じました。
少し軽いというか、もう少し味がほしい。

ということで、MKのホームベーカリーの説明書についてくる『基本の食パンレシピ(スキムミルクなしで、水を牛乳に変えたもの)』は、我が家の定番としては少し弱いという結論に。

こうして、我が家の定番となる食パン探しが始まったのです。

 

1.5斤タイプ MKホームベーカリーMKのホームベーカリー『ふっくらパン屋さん HBK-150』。
1.5斤タイプ。

基本の食パンレシピだと、焼き立てはパン屋さん並のおいしさ。
でもそれは、焼きあげるときのパンの香りに食欲が刺激され続けたことと、初めての焼き立てだったからという過大評価が含まれていると思います。
翌日冷静になって食べると、1斤120円クラスの食パンってレベルかな。
我が家としては、もう少し味がほしいのでした。

 

投稿者 sisters : 2011年11月24日 09:37